荒汐部屋 arashio.net
荒汐部屋

2009-08-09更新

平成21年 七月場所を終えて

暑さが例年ほどではなかったせいで,場所前の稽古はなかなかの充実だった荒汐部屋勢。しかし終わってみれば23勝26敗と負け越してしまった背景は,どんなだったのでしょうか。各弟子らに効いてみました。

大小林(前相撲) 新序出世

大小林 出世披露してもらいました。実感ですか。特に・・・。多少は緊張しましたが,えっと,これで力士になったの?くらいです,実感としては。宿舎での生活も,特に苦もなく,ちょっと暑かったくらいで,別に,どうという印象は残っていません。お店も天下一品とか,すき家とか,こっちでも行ってるところくらいしか行かなかったですし。

こっちに戻ってからは,相撲教習所通いがはじまりましたが,なんだか学校時代に戻ったみたいです。周りが若くてちょっとついていけないノリではありますね。これからなので,まだ特にお話できるようなことは。。。

(写真:まだ力士になったのかどうか,自分でもよくわからない感じの大小林:だいしょうりん)

赤井(序ノ口西17) 全休

赤井 調子は良いっすよ。この調子だと,来場所は前相撲を取れると思うんで,お肌の調子も良くなるようにお手入れが欠かせない今日この頃です。

(写真:一宮で体力が有り余っていた赤井)

鴜洲(序二段西120) 3勝4敗

鴜洲 3勝4敗ばっかりですね。3場所続けて勝ち越しの壁に阻まれてます。

来る前は暑さが怖かったのですが,来てみたらこのとおり,梅雨が長引いたせいで暑くなかったのは良かったですね。場所前の稽古がよくできたので。番付も落ちたし,今場所こそは勝ち越せると信じていたのですが。内容としては,決まり手にひとつも寄り切りがないことからも推察されるように,前に出ては投げる,出ては投げられる,という内容が多くて,膝が内側に入ってしまう弱点がモロに出ていると思います。ただ,以前の2場所に比べれば,稽古の成果が出たというか,得るところは大きかったように感じています。

あとは,精神的な面が課題で,勝ち越しがかかった一番になると,やたらに肩に力が入ってしまって,当たった瞬間もう落ちてる,みたいな相撲ばかり。ちょっとあの緊張感はキビシイものがあるので,緊張しない早いうちに勝ち越しを決められるようになりたいです。こんなに応援してもらってますので,早くお応えしたいです。

千秋楽,負け越したショックというわけではありませんが,風邪をひいてしまって打ち上げにも行けませんでした。正直,トイレに1晩30回,3日で100回,こんなのもうイヤ。体調管理の重要性を身に染みて痛感しました。

(写真:「メガネ外しますね。」カメラを向けた瞬間,そう反応する鴜洲:しじま)

力山(序二段東120) 5勝2敗

力山 場所が始まる前は,あちこち痛かったり調子サイアクだったんすけど,場所が始まったら,フシギな力が出てきて3連勝。1つ負けてもまだまだ力が沸いてくる感じがして,5勝できました。場所前にケガしたら,その分余計に気分的に集中できて,逆に良かったようにも思えます。

開き直って立会いの変化が3つ決まったんで,4つ目も,と思ったら見事についてこられて,負けました。変化だけで勝ち越すことはできませんね。それで,今度はダメでもいいから思いっきりいってやろうと思っていったら,勝てたんで,あれ?まともにやっても勝てるのかな,って。何だよ,別に変化しなくてもいいじゃん,って。でも150kgの相手には,つかまったら終わりなんで跳んだら,着地に失敗しておっとっとってなったんで,もうコノヤロウってそのまま当たってったら,思いっき叩かれて,顔面から土俵に突っ込んで,土俵に前歯が突き刺さって!しまいました。もうこれでなにもかも終わりだ,て一瞬思ったくらい痛かったです。歯ですか?結局,腫れが引いたらなんにもなってませんでした。

ただ,もうそろそろ限界じゃないっすか,この身体では。

それ以外は名古屋では別に何もなかったです。場所が終わると,気が緩むせいか,一気に体調崩して,腹こわして2日間寝込んでました。

(写真:何事もなかったかのように,頑丈な白い歯を見せて微笑む力山:ちからやま)

寛龍(序二段西89) 3勝4敗

寛龍 暑かった。食欲が無くなって,どんどん力が出なくなった感じです。痩せてしまって,最後は体重差が効いて負けたと思います。パワー切れ。帰ってからも,あまり食べられなくて。飲み物は自分でいろいろアレンジすると美味しくなるので,飲めるのですが,食べ物が喉を通りません。

仕方が無いので,一宮では,ゲームショップを覗いて,安い掘り出し物がないか探すことで体力の回復に努めました。でもゲームでは気力は充実しますが,体力は充実しませんでした。

(写真:この書の前で,このゲーム。パロディとしか思えない寛龍:かんりゅう)

日の光(序二段西85) 2勝5敗

日の光 勝ってたはずの相撲に負けて,負けてたはずの相撲に勝って,と,なんだかちぐはぐな場所になってしまいました。勝った相撲も,相手が勝手に滑っただけで,仕切っただけで何もしてないんです。一気に土俵際まで持っていって勝った!と思ったら,足が先に出たみたいで,差し違えで負けとか,とにかく相撲をとった気分がしません。

思ったより涼しかったですし,なのにお腹をこわすし,三吉は子どもを噛むし,近所のカラオケはフリータイム1500円だし,なんとなく終わってしまった名古屋場所でした。

(写真:階段掃除当番を黙々とする日の光)

五十嵐(序二段西56) 3勝4敗

五十嵐 痩せました。調整失敗。

場所直前まで絶好調で,稽古もかなりできたと思います。それで直前の金曜日の稽古を終えて「あぁ,今場所はいい稽古ができた。これだけやれば勝ち越しも狙えるぞ。明日は身体を休めて本場所に備えよう」ってリラックスした途端,溜まっていた疲れが一気にでてしまって,何にも食べられなくなってしまいました。3日間絶食状態。おまけに6日目の取り組み前に準備体操してたら,腰がオカシクなってしまって,勢いで勝つには勝ったんですが,それより宿舎に帰るのに必死でした。歩けなくて。これで3番勝てたので,まあいいか,と思います。ちょっと場所前の自分の期待が高かったんで,ガッカリはしてますが。とにかく,ちょっと痩せすぎました。

(写真:夏痩せプラス日焼けで,一段と引き締まって見えてしまう五十嵐)

荒獅子(序二段西23) 3勝4敗

荒獅子 終わってみれば3勝ですが,最初に3連敗しての負け越しで,もうただ疲れたばかりっす。何にもないや。

今年の名古屋は,味噌煮込みにハマったくらいかな。暑い時に,暑い味噌煮込み。最後,スープにご飯を入れてすするのが旨いっすね。宿舎の周りにラーメン屋がずいぶん増えてましたね。行くのは結局,いつもの近所の興春なんですが。

(写真:「このTシャツの模様はかわいいなぁ,でも小さいのしかなくて着れないや,どうしよう。」思案する荒獅子)

式守一輝(三段目行司)

式守一輝 暑くて死にそう。っっていうか,朝が暑すぎますよ。それで,昼仕事に行くと,冷房が効いてて,仕事が終わるとまた外は暑くて,って繰り返してると,身体がオカシクなりそうです。暑い暑いってビールばっかり飲みすぎると,余計に体調を壊しますし。

今場所はサイアクです。たまたまBS中継が入ってるときの相撲を裁いてたら,力士に巻き込まれてしまって倒れてしまいました。全国の皆様に醜態を曝けてしまって,恥ずかしいです。イヤだ。毎年,名古屋では失敗してしまって。相性が悪いのかなぁ。

産まれたばかりの,かわいいかわいい姪っ子のことでも思い浮かべて,心を安らかにします。

(写真:「毎日のことなんで,細かいことは面倒くさくなるんすよ。」と言いつつも一所懸命荒獅子ちゃんこ長を手伝う式守一輝)

蒼国来(幕下西4) 4勝3敗

蒼国来 見てるほうが緊張するって?毎場所,見ごたえがあって面白いでしょ?えへへ。

というのは冗談ですけど,今場所は勉強したことがいろいろありました。なにより,とにかく自分の相撲だけを考えてとる,っていうことの大切さですね。というのも,番付的に4枚目っていったら,上に上がることは,まあ普通はありえない地位だと思うんで,場所前は,そういうことはあまり考えてなかったんです。

そうしたら,十両下位で大きな負け越しが相次いで,「お前,ここで5番勝ったらいけるんじゃないか」って周りの人に言われるようになって,そこから変な意識をしだして,4番目,5番目なんかは身体がカチカチになって何もできませんでした。それで3敗になって,もう絶対上がることはないって確信したら,急に身体が動くようになって最後はギリギリ勝ち越せました。

幕下上位に来ると,どうしても上がることばかり考えてしまいますが,そうじゃなくて,どこにいても,いつでも自分の相撲を,自分の実力を出し切ってとることだけを考える必要があるんですね。特に私は,結構,失敗をあとまで引きずって考え込んでしまうタイプなので,緊張して悔いを残す相撲をとってしまうとダメになりますから,自分の相撲をとることを楽しみにするようにしています。

あとはケガに気をつけて。ガンガン稽古をして,というより,いつでも,頭を使って,今の自分の力を最大限発揮できる相撲をとるっていうことを心がけています。もう6年になりましたから。6年の間に身につけた力を出し切るようにするだけです。こんな長い間応援してくださっている方にも,喜んでもらえるようにね。

(写真:未来を見据えている,わけではなく,テレビを見てニヤついているだけの蒼国来)

このコーナーの内容
.
About Us

お問い合わせ

ご質問,ご意見等,ございましたら,お気軽に下記より,荒汐部屋までお問い合わせください。お電話,お手紙,FAXでもどうぞ。

  • 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-47-2 [地図・交通アクセス
  • 電話:03-3666-7646
  • FAX:03-3666-0449
  • info@arashio.net

© 2004-2012, Arashio-Beya.-------