荒汐部屋 arashio.net
荒汐部屋

2009-06-27更新

一宮入り直前,陸奥部屋に出稽古

一宮入り直前の6月21日,陸奥部屋(師匠:陸奥親方,元大関霧島)への出稽古で東京での最終調整を行いました。もう先場所の好成績は忘れて,相撲はもちろん,名古屋の暑さに負けない気力と体力を養うべく,熱のこもった稽古となりました。

まずはじめは,みんなが四股や腰割などで身体を温めている間,研修生JSP・鴜洲・力山・寛龍(ケガのため様子見)の荒汐若手勢が,蒼国来の胸を借りて,押しては転がされ,押しては転がされ,の特訓で始まります。

写真:JSP 研修生JSP

写真:力山力山

写真:鴜洲鴜洲

写真:蒼国来蒼国来「まだまだだ。もっと力を出せ!」

写真:鴜洲何度でも何度でも全力で当たりに行く。

写真:力山終わったころにはもうヘトヘト

写真:五十嵐・大澤続いて序二段勢の申し合い。五十嵐と大澤が当たる。

写真:五十嵐・日の光勝ち続ける五十嵐に,日の光が挑む。

写真:大澤五十嵐を破って,気合の入る大澤。

写真:赤井準備運動に余念のない赤井の身体も温まってきた。

写真:五十嵐最後の力を振り絞って蒼国来にぶつかっていく五十嵐。

写真:日の光負けじと日の光もぶつかる。

写真:赤井赤井は霧の若関の胸を借りて。

写真:荒獅子三段目経験者,荒獅子の登場。一段と稽古場が引き締まる。

写真:荒獅子陸奥部屋勢との申しあいを終え,蒼国来にぶつかる。

写真:蒼国来土俵がいったん掃き清められ,いよいよ幕下勢の登場。蒼国来は,元前頭の琉鵬さんと申し合い。

写真:蒼国来すると十文字関,豊桜関はじめ関取勢も続々と。霧の若関に必死に食い下がる蒼国来。

写真:蒼国来胸を出してくれた白馬関も,「よし,いい押しだ」と満足な表情。

写真:蒼国来ぶつかり稽古を終えても,四股腰割りで力を出し尽くす。

ご覧のように,自信と自力をつけてきた荒汐部屋勢。名古屋に向けて順調に稽古に励んでいるようです。なお,この日の模様は,ブログ『谷川親方の現場主義』でもご覧になれます。

陸奥部屋の皆様,ありがとうございました。

.

このコーナーの内容
.
About Us

お問い合わせ

ご質問,ご意見等,ございましたら,お気軽に下記より,荒汐部屋までお問い合わせください。お電話,お手紙,FAXでもどうぞ。

  • 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-47-2 [地図・交通アクセス
  • 電話:03-3666-7646
  • FAX:03-3666-0449
  • info@arashio.net

© 2004-2012, Arashio-Beya.-------