荒汐部屋 arashio.net
荒汐部屋

2010-04-02更新

平成22年 三月場所(大阪)

来年までさようなら,豊中

千里阪急ホテルでの千秋楽パーティーも終わり,豊中での40日余日は幕を下ろしました。その間修行の場だった,豊中稲荷神社に,

写真:豊中テント外し

大量の鉄パイプを運ぶ怪しい人影。

写真:豊中テント外し

そう,稽古場となったテントを片付けているのでした。ご覧のとおり,稽古土俵を覆っていたテントは今やきれいさっぱり取り去られています。作ったとき[記事]の反対で,これも当然力士たちの手によって解体されました。

写真:豊中テント外し

そしてパイプは再び倉庫にしまわれるのです。さすが力自慢の力士たち。重機いらずで頼もしい。

写真:豊中テント外し

しかし,関取の表情がなんとなく疲れている。「当たり前だよ。もう毎年テント張ったり外したりしてるのに,放っておくとみんな反対のことばっかりやるんだよ。そんなのじゃいつまでたっても作業が終わらないよ。」指示疲れのようです。

写真:豊中テント外し

テントの幌もこれだけ大きいと畳むのに一苦労。

写真:豊中テント外し

大量のパイプを黙々と運ぶ。

写真:豊中テント外し

「寒いっす,寒いっす。」その格好じゃ当たり前っす。

写真:豊中テント外し

「寒くない!ボク元気!」

写真:豊中テント外し

「痛ってぇって!重いって!」「ほら,力(りき),しっかり持って」(どんどん重心を前にかける寛龍)

写真:豊中テント外し

勝ち越した付け人2人組は,さすがに表情が明るい。

写真:豊中テント外し

こちらはまだ,たたみ中。「そっちとこっちピタっとあわせて」

写真:豊中テント外し

かなり小さくなった。が,

写真:豊中テント外し

カバーに入らない。

写真:豊中テント外し

重いのです。

写真:豊中テント外し

みんなで力をあわせて入った。

写真:豊中テント外し

「荒獅子さん,一人で持てますか?」「ま,前は持てたんだけど,も,もう無理。。。」

写真:豊中テント外し

結局,二人で。

写真:豊中テント外し

あとは土を運んでもらったら元通りの境内に。ありがとう豊中,そしてまた来年。

> 平成22年三月場所

このコーナーの内容
.
About Us

お問い合わせ

ご質問,ご意見等,ございましたら,お気軽に下記より,荒汐部屋までお問い合わせください。お電話,お手紙,FAXでもどうぞ。

  • 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-47-2 [地図・交通アクセス
  • 電話:03-3666-7646
  • FAX:03-3666-0449
  • info@arashio.net

© 2004-2012, Arashio-Beya.-------