荒汐部屋 arashio.net
荒汐部屋

.

一気に変わった,お相撲さんに対するイメージ

早稲田大学の留学生の皆さんによる内海へのインタビュー

インタビュアー:王文中(オウブンチュウ)さん・池恩珠(チウンジュ)さん

12月8日,大隈庭園で,留学生たちがにぎわっている。待ちに待った餅つき大会が開かれた。作ったばかりの餅と温かいけんちん汁を食べながら,愉快な雰囲気を楽しんでいると,初冬の寒さも感じられなかった。

お相撲さんもいらっしゃり,早稲田の留学生たちと一緒にもちつきを体験することができた。お相撲さんを近いところで見たのは初めてで,さらにお相撲さんにインタビューをするなんて想像もできなかった。お相撲さんはどんな人だろうか、どんな話が聞けるだろうか、わくわくしながらインタビューの時間を待った。

インタビューを受ける内海2

私たちのインタビューに応じてくださったお相撲さんは内海さんだった。歳は高校2年生と同じ若いお相撲さんだったので,少しびっくりした。普段、テレビで見るお相撲さんは落ち着いていて、結構年をとっているように見えたからだ。そして,内海さんは非常に優れた成績の立派なお相撲さんだった。

入門のきっかけ

内海さんはスポーツが好きで,小学校のときは野球を,中学1年生のときは卓球をしていたそうだ。そして,相撲は15歳のときから始め,2年位になった。相撲を始めた理由を聞いてみたら,「ただ勉強が大嫌いで!」と答えて,すごく面白かった。私たちの考えは小さい頃から相撲に関心があったとか、お相撲さんに憧れて相撲を始めたと答えるだろうと思ったからだ。

毎日

一日二食ですね。

相撲部屋生活は私たちが思っていたより厳しかった。「毎日6時に起床する」ということは季節と関わらず決まっているそうだ。そして3時間半練習して,昼ごはんを食べた後は掃除をするそうだ。ここで驚いたのは,お相撲さんは一日に5回ぐらいご飯を食べると思ったが,実際は1日2食ということだ。そして昼は必ず鍋を食べるが,お相撲さんが食べる鍋は全部ちゃんこ鍋だという(力士の作る料理を「ちゃんこ」と呼ぶので,力士が作った鍋はすべて「ちゃんこ」鍋と呼ばれる)。

内海さんの実家は神奈川で,時々家に帰れるので,そんなに寂しくないと言った。空いている時間は自分でアレンジできるので,自分がしたいことをしてもよいそうだ。内海さんはやはりスポーツが好きなので,暇なときは相撲以外のスポーツもすると言った。

お相撲さんが絶対してはいけない禁止事項はないかと思って聞いてみた。そうしたら煙草は禁物で,お酒は20歳を超えれば大丈夫だという答えが返ってきた。お酒は飲みすぎれば二日酔いで、次の日の練習にも影響があると思うが、どうして禁止ではないのだろうかという疑問を感じた。今度、機会があれば聞いてみたい。

違う世界の人,ではない

何でも聞いてください。

今回のもちつき大会をきっかけに,お相撲さんにいろいろ教えていただいたので,私たちのお相撲さんに対するイメージが一気に変わった。インタビューの前は、お相撲さんはぶっきらぼうで、ちょっと怖い感じだったが、内海さんは活発で、明るい表情で、何でも答えてくれた。今回のインタビューのおかげで,私たち留学生が相撲をより一層深く知ることができた。そしてお相撲さんがより近くに感じられた貴重な時間だった。

このコーナーの内容
.
About Us

お問い合わせ

ご質問,ご意見等,ございましたら,お気軽に下記より,荒汐部屋までお問い合わせください。お電話,お手紙,FAXでもどうぞ。

  • 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-47-2 [地図・交通アクセス
  • 電話:03-3666-7646
  • FAX:03-3666-0449
  • info@arashio.net

© 2004-2012, Arashio-Beya.-------