荒汐部屋 arashio.net
荒汐部屋

2007-11-06更新
2007-10-31更新

その1:五十嵐と増田

荒汐部屋の十一月場所の宿舎は,福岡県糟屋郡志免町の閑静な住宅街の一角にあります。そのすぐ目と鼻の先にある公園が,稽古場です。

朝稽古

.

なんだ公園か,と侮ることなかれ。屋根付の立派な土俵がそこに。普段はあまり使われることもないそうですが,置いておくには勿体ない。博多周辺では多くの公園に土俵が設けられているそうですが,競って使うほどの相撲人口がないのも事実。荒汐部屋の稽古を見て,「相撲もなかなかおもしろそうじゃないか」と思ってもらえるくらいの充実した稽古を目指します。

朝稽古

.

朝7:00。土俵に四股の音が響くころ,公園にはウォーキングや体操をする方,あるいは,朝のジョギングをする子供たちで爽やかな賑わいです。

それにしても,九州は朝日といい夕日といい,月といい星としい,なんとも空の光がドラマチックに感じます。稽古を照らす朝のオレンジの陽光もなんともいえずいい感じ。

朝稽古

.

ちびっこたちも,遠くからおそるおそる見てる。「本物だよ,本物のお相撲さんだよ!」

朝稽古

.

視線を感じるとついつい張り切っちゃう。いつもより余計にコレでもかというくらいの股割りを見せるのは,荒獅子。

朝稽古

.

こちら赤井は何とか押してもらいながら。もう二度と怪我はしたくない。準備運動も入念になります。

朝稽古

.

摺り足,おっつけ,基本動作を毎日繰り返して,身体に覚えこませます。

朝稽古

.

荒汐と子どもたちが見守るなか,申し合いが始まる。といっても,同じくらいの強さの力士がいないので,三番稽古になります。「三番」というのに,何十番もこなします。

荒汐は持病の膝をかばって自転車での移動です。

朝稽古

.

じっと見つめる二人。どちらの眼光が鋭いか?

この日は,増田‐五十嵐,松峰之山‐大澤‐荒獅子,赤井‐蒼国来の組み合わせで当たりました。

朝稽古

.

基本の押しの姿勢ができてきた増田は,突っ張りを練習中。手も足も,あちこちの使い方に指示が飛びます。

朝稽古

.

しかしまだまだ簡単に突っ張り返されてしまう。ほらもっと来い,もっと来い。受けて立つ五十嵐。

朝稽古

.

跳ね返されても,跳ね返されても,挑み続ける闘志。

朝稽古

.

ひととおり番数をこなしたら,ぶつかり稽古で力を振り絞る。体調を壊して不調の続いた五十嵐ですが,九州のおいしい冬の味覚を元手に稽古も進むこのごろです。力の限り押すんだ。

朝稽古

.

増田は松峰之山の胸を借りる。ほらこい。そらこい。最後は一気に突き放せ。

いかにも押してるほうが辛そうなので,押す稽古のように見えますが,実は受ける側にこそ重要なぶつかり稽古。しっかり踏ん張れる形,踏ん張る力,土俵際でもしぶとい守りをみっちり鍛えます。

朝稽古

.

ハァーハァーと息も上がってしまいますが,すぐ四股を踏んでまずはクールダウン。土俵上では,次に強い力士たちの稽古が始まりますが,土俵を降りたら稽古は終わり,というわけではありません。(まだまだつづく・・・

このコーナーの内容
.
About Us

お問い合わせ

ご質問,ご意見等,ございましたら,お気軽に下記より,荒汐部屋までお問い合わせください。お電話,お手紙,FAXでもどうぞ。

  • 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-47-2 [地図・交通アクセス
  • 電話:03-3666-7646
  • FAX:03-3666-0449
  • info@arashio.net

© 2004-2012, Arashio-Beya.-------